交通事故@JIDAN

交通事故の示談交渉が難航したら

交通事故に遭い困っていたら、整骨院に相談してみましょう。

自動車を運転中に信号で停車していると、後方から追突される交通事故に遭うことも少なくありません。交通事故の場合加害者側の損害保険会社から指示されるのは、必ず整形外科医院への検査通院です。しかし整形外科によっては、追突事故での被害者の患者を軽視する病院もあります。

それで不快な思いをして、不信感を抱く方もいます。そんな時は整骨院で相談してみてください、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

整形外科での診察から治療の流れ

事故が起き、救急車で搬送されたか、自ら病院に行くかによっても、医師の対応が違ってくる場合があります。救急搬送された患者は医師の問診の後に、優先的に急いで検査を受けます。CT、MRI、レントゲンの検査を受けた後、軽度と判断された患者に限り通院を指導され、自宅が遠ければ近くの整形外科病院に転院を勧められます。

自ら整形外科病院に通院した場合は、医師の診察を受ける際軽度と見なされた場合は、レントゲンのみの検査が主流です。自分の足で来院できる患者を、整形外科病院の医師は軽視することがあるようです。一般的に通院する患者の負傷名は頸部捻挫や腰部捻挫の場合が多く、骨折や裂傷を伴う怪我を負った患者の場合は入院するのが殆どです。

しかしここで見た目を判断するのではなくキチンと検査をしないと、脳骨髄液減少症などの疾患を見落とすことになりかねません。医師の診断は患者や加害者側の損害保険会社にとっても、交通事故を保証するうえで重要になります。

医師は見た目の先入観で判断をせずに、正確な検査をするように心がけるべきです。整形外科病院での治療は、患者の症状により投薬や理学療法を行います。内容は理学療法機器による、電療法、レーザー治療、けん引治療を行いますが、医師が軽度と判断した患者に対しては投薬のみの場合があります。

しかも1週間くらいの日を置いて通院させるケースがみられます。これでは治療しているとは到底いえないので、加害者側の損害保険会社に事情を説明してセカンドオピニオンをお勧めします。

整骨院で相談して通院の流れ

整骨院では整形外科からの転院であれば、診察し施術をおこなえます。交通事故に遭いそのまま相談を受けても整骨院での治療はできません。なぜなら交通事故は第三者行為であり、加害者がいることで加害者側の損害保険会社から了解を得なければ施術できないからです。

一旦は整形外科病院で診察を受けなければなりません。整骨院では加害者側の損害保険会社から一括の申し出を受けてから、医師の診断結果を下に施術をおこなっていきます。医師の診断した部位以外が痛くなった場合は、加害者側の損害保険会社に了承を得てから施術が可能になります。

交通事故に遭ったばかりでどうしようと悩んでいる場合、整骨院では相談を受けて患者の希望をできるだけ叶えるために、上記の流れを分かり易く丁寧に説明します。整形外科病院での診察を受けた後、加害者側の損害保険会社から了承を得られたら整骨院に来院し問診を受けます。

事故状況や自動車の破損具合を聞かれ、症状を事細かく問診を受けます。問診の次は患部の触診や、可動範囲を調べます。正確に傷みの個所や可動範囲を調べることで、施術方法が変わっていくからです。触診が終われば施術計画を提案され、了承すれば施術の開始となります。

整骨院での施術の仕方

整骨院では整形外科と同様に理学療法機器による、電療法、温罨法、レーザー、けん引治療器、マッサージなどの施術をおこなっていきます。患者の症状に合わせ、理学療法機器を選び軽度のマッサージから始めていきます。

交通事故は普通の肩こりや腰痛と違い、あくまでも怪我なので患部に炎症がある場合が殆どです。強いマッサージや整体などをおこなうと、症状が悪化するので注意する必要があります。症状が軽減してからマッサージを強めていき、可動範囲を再度確認します。

ここで経験の浅い先生達にありがちなのは、可動範囲を患部の痛みが軽減しないうちに確かめることです。可動範囲はあくまでも基準なので毎回やる必要はありません、どの位治ったかは患者の問診や触診だけにすることが大切です。

毎日痛いところを動かされたら、患者さんの負担になり経過も決して良くなりません。もし患部を毎日動かす施術を受けていたのなら、加害者側の損害保険会社に相談して別な整骨院に変えたほうが良いでしょう。

普段の生活の仕方

交通事故患者の普段の生活ですが、基本は極力安静を保つことです。しかし仕事がある方は、交通事故に遭ったからと言って休んでいられないのが現状です。仕事を当たり前のようにこなすのは患部が悪化する原因になるので、会社や上司に説明し有給などを使い体に負担をかけないようにすることが大切です。

夜更かしを極力はやめて、なるべくやわらかい枕を使い早く寝ることを心がけます。枕の理由は頸部に炎症が起きている状態だと、首を支える筋筋膜が固くなりやすいからです。固い枕や、首を固定するよう枕は筋筋膜に抵抗がかかり、それによって筋筋膜が固くなり患部の痛みが出てくる可能性があります。

枕は頸の可動が自由なる枕を選び、寝るようにすることが頸部の炎症の回復につながります。休みの日もできるだけ出かけず安静にして、家で休むようにすることが大切です。仮に出かけることがあっても、運転をしないようにした方が良いでしょう。

整骨院での施術のメリット

整骨院は手軽に通院できることが最大のメリットです。病院では受付をして長々と待たされ、数分の診察を受けてまた待たされて薬を受け取って帰ることが多々あります。とても毎日通院する気になれません。その点整骨院では忙しい整骨院でなければ、10分も待てば順番が回ってきて施術を受けることができます。

それに先生との距離感が近いので、気軽に自分の状態を相談できます。患者の声をキチンと聞き、施術に反映させてくれる先生が多いです。加害者側の損害保険会社の対応も相談すれば、整骨院の先生達はしっかり指示してくれて直接交渉してくれることもあります。

常に患者目線で対応してくれて、心強い味方になってくれます。交通事故はしっかりと治療して、痛みがなくなるまで通院することをお勧めします。中途半端に治療すると、数年後に痛みがまた再発することもあります。整骨院の先生と相談しながら加害者側の損害保険会社と交渉して、納得がいくまで通院して痛みの再発を防ぐことが大切です。

交通事故被害の示談交渉が難航した場合は弁護士へ相談しましょう